MAIL MAGAZINE vol.48

リーフレットも、毎年進化しています。

リーフレット

こんにちは。カゴノオトスタッフの刈谷です。
朝晩の冷え込みが少しずつ冬の訪れを感じさせますが、
昼間のお店は日差しが暖かく、オーブンの熱気もあり小春日和です。

今回は、シュトーレンに同梱しているリーフレットのことをお伝えしていきます。

シュトーレンに同梱するリーフレットを、昨年からリニューアルしました。
昨年まで買わせていただいたいちご農家さんが別の作物を生産されるようになり、内容に変更があったことも一つの理由ですが、シュトーレンのリーフレットは毎年デザインや内容が変わっています。それは、カゴノオトのありようが日々、生き物のように酵母のように変化をしていて、また、社会の様子もめまぐるしく動いていることで、表現したいことやみなさんにお伝えしたいことが、毎年少しずつ変わってきていることも関係しています。

高知のデザイナー、テトラデザインさんにお願いして、新たなものを4種類作っていただきました。一つは、シュトーレンを紹介するもの。もうふたつは、シュトーレンのおいしい食べ方をご紹介するものと、カゴノオトおなじみの「なんでもハガキ」。そしてただいま製作中なのは、カゴノオトを紹介するリーフレットです。

これらの同梱物は、カゴノオトの日々をお伝えする新聞のような、手紙のような役割です。今年のものは、箱を開けた時に、クリスマスの楽しい気持ちを更に盛り上げてくれる仕上がりになっています。1枚の紙の中に、QRコードから動画にとべるしくみを忍ばせたり、農家さんの顔が写っていたり、カゴノオトをとりまくもの、こと、ひとがまるごと表現されているので、じっくり眺めてもらえると嬉しいです。

リーフ

 

そして、なんでもハガキでいただく感想は、私たちの励みになっています。
朝のミーティングの時にみんなで読ませてもらって、作業が始まる日もあります。新しいなんでもハガキは、切り取り線がついて横型になりました。

シュトーレンがみなさんのお手元に届くまでのカウントダウンが始まりました。あともう少し、お待ちくださいね。

1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン、ご予約はこちらから
https://www.kagonote.com/p/item-detail/detail/i3.html

最後までお読みくださりありがとうございました。

2020年11月14日

1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン2022のご予約はこちら ≫
TOPへ