カゴノオトのお菓子

カゴノオトでは、四万十で育った野菜、天日塩、果物を使って焼き菓子を焼いています。

今回はそのお菓子をご紹介します。

始めにジンジャーマンビスケット。

ジンジャーマンビスケットには生姜を使っていて、四万十に引っ越してきて最初にお世話になった「桐島畑」さんの生姜を使わせてもらってます。
香りづけにシナモンも使い、生姜のピリリとした辛さの中にじんわりとした甘みが広がるお菓子が出来ました。
こちらは山塩小僧ショートブレッド。


カゴノオトから車で約20分くらいの山あいで「土佐の山塩小僧」という天日塩を作ってらっしゃる森澤さんの塩を使わせてもらってます。
完成するまでに何度も試作を繰り返して、ザクザクとした食感が特徴的なショートブレットに仕上がりました。
こうして、顔の見える方の素材を使わせてもらって、お菓子が作れるのは本当にありがたいなと思いながら、日々お菓子を焼いています。
沢山の方に食べて頂きたいので、カゴノオトでは「ギフトBOX」の取り扱いも始めました。
興味のある方は以下カゴノオトのWebsiteをご覧下さい。
「カゴノオトWebsite 焼き菓子」
http://www.kagonote.com/blank-4

2016年9月27日

シュトーレンのご予約はこちら ≫
TOPへ