ちょうどいい大きさがある。

十和地域

【商売は大きすぎてもいかん。小さすぎてもいかん。ちょうどいい大きさがある。】

こんにちは小清水です。

カゴノオトが以前カフェをやっていた時にお借りしていたお店の

四万十町十和地域の大家さんの旦那様がお店にきてくださった時に言ってくださった言葉。

ちょうど、そのころはカフェ今の状態でやっていてはいけないな。

なんとかしなくちゃと思っていた頃だったのです。

きっと、私たちを見て「商売を小さくやりすぎてたらいけないよ」と

言ってくださったんだろうなと思います。

ご商売を高知市内でずっとされていらっしゃる方です。

今も、その大家さんにはお世話になっていて、

高知市内で出張販売しますとかお伝えするといらしてくださり、

忙しいだろうから「小さい人見ちょくでー。ちょっとお城まで行こうや。」と

遊びに連れて行ってくださったり。。

四万十町に引っ越してきて初めてお店をさせてもらった場所の大家さん。

今、思えば、我々みたいな移住者によく貸してくださったなと。

本当にいろんなことをさせていただいた場所でした。

今もこうやってお世話になっていて。。

昨日、用事があって、たまたま借りていたお店だった前を通り過ぎました。

あの頃の「小さすぎる商売」からは少し、

脱せたかなと思いながらいろいろ思い出しあらためて感謝だなぁ。と思ったのでした。

#シュトーレン2021 #カゴノオト #四万十町 #商売

 

小清水 緑
https://www.kagonote.com/p/free-page/page/p/about#koshimizu
神奈川県出身
神奈川→東京→四万十

大学卒業後、東京で障害を持つ人の施設でソーシャルワーカーとして働く。仕事をしながら週に一度場所を借りてカフェをしていた。
障害を持つ人と時間を過ごす中で素敵な方にたくさん出会え、もっといろんな生き方ができたらいいと思い始めたのだが、そもそも自分はいろんな生き方と呼ばれるようなものやっていないんじゃないかと思っていたところに東日本大震災があった。それを機に東京から四万十に移住。

東京に住んでいた時はスーパーで並んでいる果物や野菜はもちろんどんな人が育てたのかはわからないものばかりだったけれど、四万十ではどんな人がどんなところで育てたものなのかがわかる。そんな貴重な素材を使わせていただきシュトーレンやタルトを作れて、お届けできることがとってもありがたいと思う。

持っている資格:社会福祉士 精神保健福祉士 介護福祉士

2021年9月29日

1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン2021のご予約はこちら ≫
TOPへ