アートセンター画楽に行かせていただいてます。  

画楽

画楽

こんにちは。小清水です。

アートセンター画楽@artcentergaraku というところに今年の3月くらいから行かせていただいてます。  

なぜか・・・。

それは、カゴノオトの新しいパッケージデザインを考えているからなのです。

アートセンター画楽というのは、高知市内にある障害を持つ方の施設で、

アートでのお仕事や活動をしているところです。

こちらの画楽さんにデザインしてもらって箱を作っていきたいと思って行き始めました。

小清水自身、障害を持つ方への思いも強くて、

ただただこんなものをデザインしてくださいとデザインだけをお願いすることはできず、

(最初はそうできたらと思ったのですが、なんだかそれに違和感を持っていて、

行かせていただいた際に職員さんとお話しさせていただく中で

その違和感にいたる理由に気づいたのです。)

そんなわけで、時間をかけてどんな方がいらっしゃって

どんな作品をつくっていらっしゃるのか。

を知りたくて作業の時間に入らせていただいています。

もともとは今年のシュトーレンのパッケージに間に合わせたいと思っていましたが、

もっと時間をかけて作っていきたいと思い

今年は別のパッケージでいくことにしています。

ここに行かせていただく時間はとても貴重で、どんな風に作っていかれるのか、

どんな風にお願いできるのか、と考えている時間も

私にとってはとても掛け替えのない時間です。

アートセンター画楽さんも時間をかけて作っていくことを

受け入れてくださっていることがありがたいです。

またこちらも進みましたらお知らせしていきますね。

画楽

#シュトーレン #カゴノオト #1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン #画楽 #アートセンター画楽 #高知市 #障害者施設 #障害者アート #kagonote #パッケージデザイン #デザイン #新パッケージ

2021年9月15日

1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン2021のご予約はこちら ≫
TOPへ