【カゴノオトオリジナルの飴を作りたい!】

宇和島

先日、愛媛宇和島の飴屋さんへ行ってきました。

小清水です。

宇和島までは、カゴノオトから2時間から2時間半くらい。約90キロあります。

宇和島は、真珠で栄えた街。

いまは、少しさみしくなった風景の中にある路地にはネコがのんびり歩いていました。

飴屋さん

ここに飴屋さんがあり、カゴノオトのシュトーレンを作る際に一緒に作っている果物の

シロップを使って飴を作っていただけないかと相談に行ってきました。

宇和島で、昔からある老舗の飴屋さん。

今の社長さんで3代目なんだそう。

ご家族でやっていらっしゃるそうです。

社長さんは、飴作りのことをたくさん教えてくださいました。

こちらからいちごやブルーベリーのシロップを持っていき、

飴はこのシロップの素材を使って、香料をや着色料を入れずに作りたいのです

という旨をお伝えすると、ちょっと考えた後、

「この自然なシロップを使った飴なら(添加物を)何も入れないで作った方がいいですよ。絶対。だけど、どうやると一番味が良く出るかなぁ」

とその場ですぐにうーむと考えてくださって、

「ちょっといろいろ作り方を試させてもらってもいいですか?」とおっしゃってくださいました。

私たちにとってももちろん初めてのことでドキドキしながら相談にうかがったのですが、

いろいろ一緒に考えてくださり、いいものを作っていこうと思ってくださることがとてもありがたかったです。

今年はこうやっていろいろな製造現場や農家さんの現場を見せていただくことができています。

それぞれの道のプロの方のお話はどのお話もとても興味深く、

実際にお会いして見せていただいて、お話うかがえること、とても恵まれているなと思います。

みなさまありがとうございます!

というわけで、カゴノオトの飴製造。

また続きを報告します〜。お楽しみに。

#シュトーレン2021 #シュトーレン #1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン #カゴノオト #飴 #飴玉 #キャンディ #老舗 #宇和島 #海沿いの街 #真珠 #いちご #ブルーベリー

2021年9月11日

1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン2021のご予約はこちら ≫
TOPへ