時は流れて、終わりが来るならまた始まりがある。

メンバー

2020年終わりましたね。

今シーズンはこんな素敵な皆様とシュトーレンをお作りしてラッピングしてお届けしていました。

他にも写真には写ってはいない方もたくさんでした。

ずーっとカゴノオトに来てくださってお仕事してくださっている方や、

今回のシュトーレンのために来てくださっていた方。様々でした。

コロナで大変な1年でしたけど、コロナ禍だったからこそ

バイトに入っていただけた方もたくさんでした。

普段は海外在住で国際線に乗っているCAさんが

コロナ禍で飛行機が飛ばず帰国していて、毎日バイトに入ってくださったり。

発送作業が追いつかなくなってきたので、その方のお母様にも入っていただいたり、

またそのお母様の友達の方もお手伝いくださったり。

海外を旅していた方がコロナの拡大で帰ってきていたので、

お手伝いをしてもらえないかお願いしたら自分は入れないけど、

「かーちゃんなら入れるかも」とお母様を紹介していただき入っていただいたり・・。

それでも発送作業が追いつかなくて、以前からのお友達にも来てもらったり。

1時間半くらい遠いところに住んでいる友達にもお願いして来てもらったり。。

地域おこし協力隊の方にもバイトに入っていただいたりと・・・。

毎朝、作業を始める前に必ずみんなでミーティングをして、

そこで毎日それぞれの「近況報告」をしていただいていたのですが、

それぞれの皆さんが話すことがおもしろくて。。

いろんな経験をされてきた個性豊かすぎるみなさんのお話がたまらなく魅力的で、楽しくて。

こんな素敵な方々とお仕事できたことが本当にありがたかったです。

途中からは、コロナ感染も拡大してしまい、密にならないようにと

お昼ごはんとお茶の時間は外で食べていました。雪の降った日は外で焚き火しながらお茶でした。

今までは移住の方にお手伝いいただくことが多かったカゴノオトですが、

今回はたくさんの地元高知や四万十の方にもお手伝いいただきました。

土佐弁の飛び交う仕事場で、普段はエセ土佐弁しか話せない私ですが、

自然に土佐弁が出たのにはびっくりでした。

おかげさまでした。本当にありがとうございました。

このカゴノオトシュトーレン2020チーム(勝手に呼んでいますが。。。)も昨日の大晦日で一旦終了でした。

時は流れて、終わりが来るならまた始まりがある。

また新たな出発です。

2020年はお世話になりました!!

#シュトーレン2020 #カゴノオト #小さいお店 #移住 #土佐弁 #四万十 #コロナ禍 #stollen #ラッピング #スイーツ好きな人と繋がりたい #田舎暮らし #お世話になりました #おかげさまでした

2021年1月1日

1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン2021のご予約はこちら ≫
TOPへ