1年間ふりかえり~金柑の種一つひとつ

金柑

1年かけてつくるシュトーレン

1年を振り返ってみています。

今年の2月。

武市敏男さんのところのハウスでなっている金柑。

カゴノオトから10分くらい車でいったところにあります。

田んぼが広がる中に敏男さんのところのハウスがあり、その中ではいろんな作物が育っています。

8月に仕入れさせてもらって仕込んだぶどうもこちらのハウスで育っています。

敏男さんは主に酒米を育てる農家さん。

でも、専業の傍らでたくさんの作物を育ててられるのです。

その一つがこの金柑です。

金柑はあまくて皮も丸ごと食べられる果物。とってもおいしい。

元気に育ったものを今度はカゴノオトで仕込み作業をしていきます。

中にはたくさんタネがあって、シュトーレンにするには、

そのタネをひとつひとつとっていかなくてはいけません。

ひとつひとつ丁寧にタネをとって粗糖に漬けています。

細かい作業です。

そうして熟成させてシュトーレンに入れています。

ただいま、シュトーレン焼きあげ製作中。熟成してからお届けいたします。

今年のアドベントは11月29日です。アドベントまで4週間を切りました!

#シュトーレン2020 #四万十町 #shimantriver #金柑 #金柑の木 #小さいお店 #旬を味わう #アドベント #果実 #田舎の風景 #stollen #クリスマススイーツ #旬の食材 #農作物 #高知スイーツ #しまんと果実 #1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン #1年かけた #自然の恵み #農家 #熟成 #クリスマス #発酵 #発酵菓子 #シュトレン2020 #カゴノオト #kagonote

2020年11月2日

シュトーレンのご予約はこちら ≫
TOPへ