ボルサ

「カゴノオト 勝手に宣伝シリーズ  その2」

BORSA
お店に行くと業務用の機械や道具、修理品が所狭しと並んでいて、革のいい匂いがします。
写真ではゴチャッとしてますが、照明も柔らかく絵になるお店で、高知市内に行く時はほぼ毎回寄らせてもらってます。
毎年、年末になると大量に仕入れてる革。
買い付けは昔からの馴染みの浅草の道具街のお店や日暮里の生地屋さんを廻って買い付けをされるそうです。
お客さんのオーダーは多種多様なので、それに直ぐに応えるためには多種多様な素材を用意しておく必要があって、その量は凄まじいです。
直した靴や注文を受けた靴。
お店に行って喋ってる最中に他のお客さんが修理したい品物を持ち込んで来られると、修理したい箇所を聞いてすぐに預かられるのですが、その間メモとかは一切取られてません。
不思議に思って聞くとお客さんの顔と品物がセットになって記憶されてるらしく200点近く預かってても平気との事でした。
そういえば修理品を預けた人と違う代理の人が荷物を受け取りに来られてた時は探すに時間がかかってました。
BORSA恐るべし。
持っていった靴と店主松本さん。
あまり写真とか撮られるは好きでない感じですが、撮らせてもらいました。
靴やカバン、服など修理したいものがあったらとてもオススメなお店です。
websiteはないので「高知  ボルサ」で検索すると見つかります。
勝手に宣伝シリーズ  その2。
おしまい。

2016年10月26日

シュトーレンのご予約はこちら ≫
TOPへ