香ノオト 花ノヨソオイ

cuppa

【香ノオト】
【花ノヨソオイ】カゴノオトで販売のお茶。

今年は日本茶インストラクターの柿谷奈穂子さんと一緒に

カゴノオトのシュトーレンやタルトに合う高知県産のお茶を2種セレクトしました。

一緒に。と言っても柿谷さんがシュトーレンやタルトに合うお茶をセレクトしてきてくださり、

私たちがそれらの中から最終的に決めさせていただいたというもの。

10月の終わりくらいに柿谷さんにそのお茶の背景や特徴などお話をうかがいながらお茶を飲み決めていきました。

柿谷さんは、私たちと同じように東京から高知県に移住された方。

土佐茶にまつわるいろんなこと。本当にいろんなことをなさってお仕事されています。

お茶農家さんはいまは、なかなか後継者がおらず、お茶農家をやめていくことが多い。と。

「いいお茶は高いとよく聞くけれど、そんなことはなくて、

お茶現場を見ている自分はどれだけお茶を生産するには手間と時間がかかっているのかと思うと、

本当に安いです。」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。

土佐茶と呼ばれる高知県さんのお茶。

その中から紅茶を1種。ほうじ茶を1種。

カゴノオトのシュトーレンとタルトに合うお茶として販売させてもらうことになりました。

お茶は
ほうじ茶【香リノオト】
紅茶【花ノヨソオイ】

カゴノオトに合うネーミングまでつけてくれました。素敵。

今年はネット販売までは間に合いませんでしたが、今日から店頭で販売していきます。

どちらのお茶もしっかりお茶の味がして、とってもおいしいです。
#シュトーレン2020 #1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン #果実タルト #小さいお店 #クリスマススイーツ #シュトーレン #お茶 #高知お茶 #日本茶 #土佐茶 #柿谷穂子 #日本茶インストラクター #シュトレン

2020年12月5日

1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン2021のご予約はこちら ≫
TOPへ