田んぼのあぜの火入れ

先日、カゴノオトの目の前の田んぼのあぜを焼く火入れがありました。
地域の集落の毎年恒例の作業だそうです。

カゴノオトの工房で仕込みをしていたら、外からゴーゴーと雨みたいな音がして、なんだなんだ?と外に出たら、田んぼのあぜの雑草たちが焼かれていました。

虫対策と雑草の種を焼いて出て来にくくする作業なんだそうです。

その日の風向きによって火をつける場所が変わるんだそう。

この日は風が少しあり、こんな日は、風の上(かみ)から下(しも)へ火をつけるんだと、教えてもらいました。

これから田んぼの準備がはじまるんですねー。

こういう風景の中から今年も1年がはじまっていることを実感しました。

 

 

2020年2月4日

シュトーレンのご予約はこちら ≫
TOPへ