積み込みリポート

出店でお出しするメニューはお店で出すのと変わらないので、出店の荷物は軽い引っ越しくらいの量になります。

今回はそれらをどう運んでいるかリポートします。
車は軽の箱バン。
後部座席を倒してフラットにした所にこの机を入れます。
5年以上前に作って改良を重ねてこの形になりました。



出店では机になりますが、積み込みの時はそれぞれの段を棚として使います。
この机を2つ入れて荷物を積むとこうなります。
ここにまだまだ荷物を積み込んでいきます。
こちらは荷物を入れる箱。
随分前に作りました。
規制品のプラスチック製のものも使っていて、雨が降った時はとても重宝します。
木の箱は出店の時は机の上に横向きに立ててカウンターとしても使います。
木製なのでビスで固定する事が出来るのでこちらも重宝してます。
続いて、箱兼調理台。


調理をする側から見た所。
箱の真ん中にある飛び出た部分に調味料を置いたり、調理器具を置いて使います。

ここにも荷物を入れて箱としても使い少しずつ荷物を積み込んでいきます。

まずは箱に入れた荷物から。
上段、中段、下段にも荷物を入れていきます。
横から見た所。




後ろから見た所。
ここら辺まで積み込んだ時に毎回「本当にこの車はよく働いてくれるわぁ」と思います。
普段の時は他の棚を取り付けて荷台部分はラックとして使っているので、軽の箱バンは本当に重宝してます。


積み込む荷物の一部。
全部を写真に収めたかったのですが、沢山あり過ぎて上手く入りきりませんでした。


後ろのスペースにも荷物を積み込んでいきます。
右下に見えるのは手作りのカホーン。
太鼓として演奏するのにも使いますが、出店の時は荷物を置くのに丁度よい高さの台として使って、高い所の作業をする時は踏み台としても使っています。
持っていける物が限られているので、一台二役もしくは三役出来るような物はとても重宝します。
そして遂に積み込み完了!
一時は積み込めないかもと焦りましたが、今回も何とか積み込めました。
そして、これからが、旅。。
会場に到着して、荷下ろしをして、台所の設営に取り掛かります。
次回は設営の様子をリポートします。
お楽しみにー。

2016年11月3日

シュトーレンのご予約はこちら ≫
TOPへ