少しずつ変わる店

写真はカゴノオトの玄関スペース。

普段は布を被せていて、奥の棚は見えませんが、棚の中には工具を収納してあって、ここで木工作業をしています。

作業で使う材木は近くの製材所で買わせてもらって、加工が必要な物は建具屋さんに出して加工してもらっています。
これまでは、雑然としてましたが、ここのスペースでも飲食出来るように少しずつ内装を整えています。
実際の作業にとりかかる前に頭の中で「あーでもない、こーでもない」と考えている時が一番楽しかったりします。
ひとまず壁の部分に板を貼る事にしました。
  
寸法を計って材料を切り出していきます。
お客さんには来る度に少しずつ店が変わっている、とよく言われますが、身体が作る事を求めているのか、お店が変わりたがっているのか、どうしても内装に手を入れたくなります。

四万十に引っ越す前に大道具で働いていた時の道具や技術がここに来て役立っていて、人生何がどうなるか分からない物だな、と不思議に思います。



これは壁のスイッチの部分をくり抜いている所。
頭で描いていた作業と実際にやる作業は違って来る事も多く、手を動かしながら修正を加えていきます。
そして、完成しました!
ちょうど展示の搬入と重なったのでイーゼルも写っています。
壁のスイッチはこんな風に仕上がりました。
木の香りが充満してとても気持ちいい空間になりました。
 これから、籠と照明を設置して、引き続きこのスペースを整えていきます。
カゴノオトの改装工事、また、ご報告します。

2016年10月19日

シュトーレンのご予約はこちら ≫
TOPへ