『カゴノオト発送作業ここだけ話〜その③〜」

カゴノオトについてのパンフレット

『カゴノオト発送作業ここだけ話〜その③〜」

おはようございます。スタッフのYUFUです。

カゴノオトではシュトーレンと一緒に、シュトーレンについてのパンフレット、カゴノオトについてのパンフレット、サンキューカード、お客様からの声を聞かせていただくなんでもハガキの4種類を1つの袋に入れてお送りさせていただいております。

この同梱物を作る時に、スタッフ鈴子さんの熟練の技がキラリと光ります。
鈴子さんは元行員さん。大量の枚数を数えるのはお手のもの‼︎ バサバサ〜と等間隔で紙が少しずつずれていったと思ったら、チャチャチャ〜とあっという間に数え終わっているのです。
1枚ずつゆっくりゆっくり数えている私は時間がかかるのなんのって…

熟練の技がキラリ

そんな鈴子さんは、生まれも育ちも生粋の土佐っ子‼︎ 前&小清水を初め、Iターン組が多いスタッフ同士の会話の中で、度々鈴子さんによる土佐弁講座が始まります。

のうがわるい
ぎっちり
びっと
いかんちや
えいろう
えいちや

などなどあげていったらキリがありませんが、いつもへぇぇぇ〜と思いながら聞いています。

カゴノオトスタッフには、鈴子さんのように、ひそかな技術や才能、特技、趣味をもったユニークな人たちがたくさんいます。
おいおい紹介していけたらな〜( ¯▽¯ )ニヤリ




「1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレンができるまで」

今年もシュトーレンをお届けする季節が巡ってきました。
カゴノオトではこの時期を一段と楽しんで頂けるように1年かけてシュトーレンをお作りしています。
春、夏、秋、冬、四万十の四季折々の恵みをぎゅっとひとつに詰め込んだシュトーレンを作れるのも、たくさんの生産者さんの日々の営みがあってこそ。
また、生産者さんたちだけでなく、私たちが暮らしていく中で出会ったたくさんの方々の力を借りて出来上がっているシュトーレン。

今回はそんなエピソードやカゴノオトの工房の様子も写真を交えて前成照、小清水緑がシュトーレン作りの背景をお伝えします。

12/12(日)
12:30-13:30
参加費:無料

高知蔦屋書店2階イベントスペース

*当日は同じ2階のイベントスペースで10:00-12:00でタルトやドロップの販売もいたします。
10:00-12:00
出張販売

#シュトーレン2021 #1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン #四万十 #今年もありがとうございました #鋭意お届け #stollen #カゴノオトシュトーレン

2021年12月11日

1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン2022のご予約はこちら ≫
TOPへ