オンラインバスツアー無事に開催できました!

こんにちは、前です。
昨日11月23日はカゴノオト初のオンラインバスツアーの日でした。


オンラインバスツアーはオンラインで旅を疑似体験できるツアーで、コロナ禍で人の移動が制限された時に香川県の琴平にあるバス会社「コトバス」さんが始められたツアーです。

旅を案内してくださる添乗員さん、運転手さん、日本各地からご参加の方をZoomで繋いで交流を図って、現地を案内してもらいながら事前に送られてきた地域の産品を食べつつ旅行気分を味わえるツアーです。

 

今回はカゴノオトのシュトーレンの製造工程を見学して頂き、カゴノオトのシュトーレンに合う紅茶の茶畑からおいしい紅茶の飲み方を紹介してもらった後は、十和地域にあるジップラインを飛び、道の駅とおわをご案内するという盛りだくさんなツアーでした。
事前に「カットシュトーレン」「タルト」「紅茶」「芋焼菓子ひがしやま」「栗ようかん」の産品を送らせて頂きました。

ツアーには宮城、福島、東京、千葉、神奈川、長野、富山、愛知、大阪、兵庫、岡山、広島、高知、鹿児島と日本各地から総勢18名の方がご参加くださいました。

当日は高知放送さんもきて撮影してくださいました。

カゴノオトではシュトーレンの製造風景を見て頂きました。

店頭から厨房へ。

18名の参加者の方全員に厨房内に入って頂くのはリアルツアーだと難しいですが、オンラインなのでスマホで色々とご案内しました。

カゴノオトが終わって次はカゴノオトのシュトーレンに合う紅茶を育ててらっしゃる津野町の秀平農園さんの茶畑へ。

日本茶インストラクターの柿谷さんに紅茶の淹れ方を説明して頂きながら、お手元に届いた紅茶を入れて頂きました。

最後は小清水が道の駅十和に併設されたジップラインを飛びました。

その様子をカゴノオトからはスタッフさんが見守って下さってました。

ジップライン終了後は道の駅のご案内をして、記念撮影をしてツアーは終了となりました。

初めての試みでバタバタしましたが、参加者の方とZoom越しではありましたがお会いできて嬉しかったです。

これからも地域の風景や、人の温度の伝わるような活動を続けていきます。

2021年11月24日

1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン2022のご予約はこちら ≫
TOPへ