シュトーレンを知る旅日記 7月号

こんにちは。カゴノオトスタッフのあきです。

長い梅雨が明けたと同時に、暑ーい夏が四万十にもやってきました。

強い日差しでカンカン照りの夏の空を眺めながら、

今月の旅日記は何にしようかなと考えていました。

クリスマスやドイツの参考文献もたくさん借りてきたのですが、

如何せん暑くて、聖夜のクリスマスや冬のイメージが全くわかない。。

この時期に読んでもあまり違和感のないテーマは、、

夏+クリスマス=オーストラリアはどう?ということで

今月は、オーストラリアの夏のクリスマスとスイーツについて調べてみました。

globe

PexelsNothing Aheadによる写真

オーストラリアのクリスマスというと、海辺でサーフィンに乗ったサンタクロースがやってくるイメージでしょうか。

日本の季節でいうと今の時期に

毎年クリスマスがやってくることを想像すると、

これまで持っていた”クリスマス”の概念が覆る感じがします。

キリスト教徒のそれほど多くない日本なのに、

”クリスマスのイメージ”が文化に定着しているのだと思います。

少しオーストラリアについておさらいしておくと、

日本の国土の21倍の面積があり、世界で一番大きな島であり、

世界で一番小さな大陸です。

とても広いので、場所によって、亜熱帯性、熱帯雨林性、砂漠性、

温帯性気候の4つの気候帯に分かれているそうです。

http://www.travelvision.co.jp/schoolaustralia/about/travel/weather/australia.php

そして、日本とは季節が逆になる理由、

学校で習った内容を覚えているでしょうか。

地球の自転は、太陽の周りをまわる公転の軌道に対して、

地球儀のように斜めに傾いています。

そのため、南半球と北半球では太陽の当たる時間に違いがあり、

季節の変化がおこります。

地球の自転で南半球に長く太陽が当たる時期、

北半球に太陽が当たる時間は短く、

北半球に長く太陽が当たる時期、

南半球では太陽が当たる時間が短い。

北半球の日照時間が短い冬は、

南半球のオーストラリアでは日照時間が長く、

同じクリスマスでも気候が全く正反対なのです。

https://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/resource/tenmon/space/earth/earth05.html

さて、そんなオーストラリアのクリスマス、コロナ禍以前は

海辺で昼間に海鮮バーベキュー(車海老やロブスターなど、

クリスマスのご馳走には欠かせない食材だそう)をしたり、

蝋燭を手にクリスマスキャロルを歌いながら街を練り歩いたり

(その時の歌詞は、”雪”や”冬”といった言葉を、

夏のオーストラリアを連想させるものに変えるようです)、

厳かで静寂な冬のクリスマスとは違って、

賑やかで明るいお祝いムードが漂っている感じがします。

また、サンタはトナカイを休ませ、

代わりにカンガルーがそりをひく、

サンタクロースの赤い服も夏仕様で、

子どもたちはサンタがプレゼントをくれる代わりに

ケーキとノンアルの冷たいビールを置いておく、

といったクスッと笑える違いもあります。

https://www.whychristmas.com/cultures/australia.shtml

こんなクリスマスの過ごし方、

北半球に暮らす者として、人生で一度は経験してみたいものです。

気候が変われば食べるものも変わります。

夏のクリスマスには、保存食にもなり、

日持ちがして何日にもわたって楽しむシュトーレンではなく、

冷たくて軽くて簡単に作れてさっと食べられるものが

好まれているようです。

もともとイギリス領下で植民地化が進んだ歴史から、

イギリスの文化が根付いているのでしょう。

クリスマススイーツの一つとして、

イギリス発祥のデザート、トライフルが紹介されていました。

https://www.bestrecipes.com.au/recipes/christmas-trifle-recipe-2/6rde6q34

大きなワイングラス型のガラスの入れ物に、

ロールケーキ、カスタード、ブラックベリー、

ラズベリーなどの果物、ゼリーなどを何層にも重ね、

生クリームで蓋をした冷たいデザートです。

berries

PexelsNicola Bartsによる写真

中にはワインやジンジャーエールなど、炭酸やアルコール、

シロップなども入れて、スポンジに染み込ませます。

https://en.wikipedia.org/wiki/Trifle

pavlova

Pexelsfurkanfdemirによる写真

その他にも、メレンゲベースでフルーツたっぷりの

Pavlovaというケーキも、オーストラリアやニュージーランドで

クリスマスに食べるスイーツだそうです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Pavlova_(cake)

どちらもささっと手軽に作れて、見た目も涼しく、

暑い夏に食べると幸せな気分になれそう。

この夏、おうちで作ってみるのもいいかもしれません。

 

カゴノオトスタッフ 刈谷明子
徳島県出身。
徳島→東京→四万十
東京の大学卒業後、高知の出版社で働いたのち、
NPO法人高知こどもの図書館で司書として勤務。
その後、結婚を機に四万十へ移住。
現在、認定NPO法人高知こどもの図書館で理事を務めるかたわら、
カゴノオトで受注や事務の仕事を担う。

2021年7月28日

1年かけた四万十の旬でつくるシュトーレン2021のご予約はこちら ≫
TOPへ