分からんものを

「働くってなんじゃろう」

「表現ってなんじゃろう」

「舞踏ってなんじゃろう」と日本をブラブラしてた十数年前。


大阪で開催されるチンドン屋さんのお祭りに「舞踏」の人が出るらしい事を聞きつけ島根県からそのお祭りを手伝いに行きました。


その時にとてもお世話になったチンドン屋さんが会場設営や人の割り振り、印刷物の手配などお祭りの準備で超多忙な中、

「分からんものがあるって事を分からなあかん。。」とポツリと誰に言うでもなくおっしゃっていました。


頭でっかちだった自分には理解出来なかったけど、何かとても気になる言葉で、その言葉は後年折にふれて思い出されて、頭で理解しようとしても理解出来ない「ナニモノ」かに出会った時に度々背中を押してくれました。


「あの人だったらどうするだろう?」と思わせてくれる方で、その方、ジャージ川口さんがチンドンの仕事で四万十に来られるのを機会に家族でカゴノオトに来てくださいました。


懐かしい話しや面白い話をたくさん聞かせてもらって、またまた力をもらいました。


人にはほんと恵まれてるな、とつくづく思います。


カゴノオト本日も営業してます。



2017年10月21日

シュトーレンのご予約はこちら ≫
TOPへ